平成20年の法律施行により、一般社団法人や、一般財団法人での医療機関(クリニック・病院)の開設が可能になりました。
これによって、可能になったことや、メリット・デメリットをご紹介していきます。


メリット 保健所への届出で診療所が開設できます

一般社団法人の場合は、医療法人での診療所開設で必要な「都道府県の認可」が不要となっていますので、法務局への登記と保健所の許可がおりれば開設可能となります。


メリット 理事長が医師でなくても大丈夫です

医療法人の場合、代表者は医師または歯科医師で、事業範囲は医療介護に限られますが、一般社団法人の場合、代表者が医師・歯科医師である必要はなく、診療所を開設することができます。


メリット 新規開業時からの法人化が可能

新規開業時から法人化したい場合、医療法人だと認可に6ヶ月間もかかるのと、新規開業での法人化を認めていない都道府県が多いので、事実上難しい場合が多いです。 一般社団法人の場合は、登記のみですぐに設立できるので、新規開業時からの法人化が可能になります。


デメリット テキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

一般社団法人による診療所開設許可申請のポイント

一般社団法人での設立の場合、法律で定められた一定の要件を満たしていれば、ただちに設立可能となるため、以下のポイントを特に審査されます。
・非営利性の確保ができていること
・資金計画が適正であること


当センターでは、経験豊富なスタッフが、一般社団法人の設立を代行いたしますので、安心してお任せください。

一般社団法人・一般財団法人で診療所を開設したい方は
こちらからお問い合わせください!